公開日 2019年01月24日

先日、県職員有志によるボランティア活動団体「四国の右下☆RYUGU隊」が、南阿波サンラインの清掃活動を実施し、約1時間30分で空き缶や弁当の器などを中心に、10袋を超える量のごみを回収しました。
南阿波サンラインは美しい海・山・空が一望できる素晴らしいビュースポットです。みんなで自然を守っていきましょう!

2月9日(土)には、海岸保全海ごみ対策フォーラムinとくしまが開催されます。
海岸清掃や「さかなクン」の講演をとおして、海の環境を守るために何ができるか、一緒に考えてみませんか。

・渚のプラごみ回収
 時  間:10時30分~11時30分
 場  所:室戸海岸国定公園内の海岸
 対  象:小中学生とその保護者(120名程度)
 集合場所:エコみらいとくしま(徳島市西新浜町)、南部総合県民局阿南庁舎、南部総合県民局美波庁舎

・さかなクン講演会
 時  間:13時30分~15時(開場12時30分)
 場  所:牟岐町海の総合文化センター 2階ホール
 定  員:350名(海岸清掃参加者は別枠、応募者多数の場合は先着順)

詳細については、徳島県HPをご覧ください。
https://www.pref.tokushima.lg.jp/ippannokata/kurashi/shizen/5025278

 

「四国の右下☆RYUGU隊」による海岸清掃の様子
海岸清掃1 海岸清掃2 海岸清掃(南阿波サンライン)

 

海岸保全海ごみ対策フォーラムinとくしま

海ごみフォーラムチラシ1海ごみフォーラムチラシ2