南阿波サンライン周辺の伝承 第一回

2013年7月5日

幻の集落 二見 ~巨万の富を守る大蛇~ 

 

 

 

南阿波サンラインの途中に二見という所がある。

 

 

この二見には寺屋敷といって、広さが一町四方ぐらいの周囲より中央部が少し低い平坦地があって今は杉林になっている。

 

ここは何千年かの昔は大きな湖があり、水底の沼がだんだん堆積され、ついには排水口も下って、水が溜まらなくなった。

 

それはここの土が黄色く非常に細かい土で水分の含みも少なく普通の土の三分の一という驚くほど軽いところから考えられる。
 

 

 

二見の山の麓には、千二、三百年前に八百戸ほどの集落があった。そして今から千二、三百年程前に弘法大師がここに来られた。

 

丁度その時、遥かの海から光りを放って漂流して来た木を見て、これは霊木であると拾い上げ、一刀毎に三礼して

 

十一面観世音菩薩を刻まれ、これを本尊とする寺を開かれた。この寺が現在の日和佐町の観音寺だという。

  

 

その寺が開かれてから四百四十余年後の正嘉二年八月、大暴雨に見舞われ洪水と大津波でその麓の

 

八百余戸の集落は一瞬にして海に呑まれてしまった。それで二見千軒寺屋敷という言葉が残っている。

 

  

    

昭和の初め頃にはこの寺屋敷は昼尚暗く、フクロウが鳴き、コウモリが飛び交う寂しいところだった。

 

そしてここには昔の湖の主であった、胴回りが二尺以上もある大蛇が住んでいるといわれていた。

 

昭和二十年頃、日和佐の猟師が猪を追って迷い込んだ時、その大蛇が大きな音を立てて木の間がくれに

 

移動しているのを見て、そのウロコの大きさに驚いて逃げ帰ったが、あまりの恐ろしさに

 

一ヶ月間程高熱をだして寝込んでしまったという。

 

 

 

また、ここには萩の木が沢山あるが、白い花の咲く萩の下には巨萬の富が埋められてあるといわれている。

 

 

なお、二見の海底には昔の村落の人達が使ったものが残されているといわれている。

 

                                                                                                                                                                  

 

                                                                                                                                                                                                               (出展:「日和佐の昔ばなし」)

 

 

 

 

 

 二見千軒寺屋敷01.JPG二見千軒寺屋敷02.JPG

 二見千軒寺屋敷03.JPG二見千軒寺屋敷04.JPG

 

 

 おまけ?.jpg(290KBytes)

関連ワード

お問い合わせ

観光施設
電話:0884-74-7420