四国の右下↑(みぎあがり)5月号 発行しました

2011年5月19日
 巻頭特集は「農村舞台」
 
  深い森に隠れたようにある「農村舞台」。四国の右下地区には、貴重な農村舞台が多く残っています。
   豊作の祈りに、収穫の喜びに「人形浄瑠璃」が奉納され、かつては地域のつながりの中心でもあった農村舞台。今の農村舞台をささえる「丹生谷清流座」の活動もご紹介します。
 
   心に残る県南の眺めをアーカイブする「四国の右下ぶらり旅風景」では、
   「太布織り」「木頭杉一本乗り」などのとりくみや、深い森の温泉「四季美谷温泉」など「自然の魅力にあふれる場所那賀町の風景をお届けします。
  そのほか、 全国でもユニークな野球による街作りを進める阿南市野球のまち推進課」のみなさんの取り組みなど、魅力いっぱいの右下「風景、「ひとを取材しています。
  ぜひ、ご覧ください。

 

 

 

 

5月号

特集「農村舞台」

H2305.jpg


 ♣
「四国の右下↑みぎあがり)」 は、
  A5版16ページ、
毎月1回、無料で配布。徳島県庁県民サービスセンター、
徳島県東京本部、大阪本部、名古屋事務所、ふるさと情報プラザ(有楽町電気ビル1階)、淡路島南PA(神戸淡路鳴門自動車道)、四国内JR主要駅、徳島県内の市町村役場、公共施設、道の駅、観光案内ステーション等に置いています。
 
  配置場所等のお問い合わせは、徳島県南部総合県民局
  企画振興部(阿南)総務担当まで。
  電話0884-24-4112