☆出羽島

2011年2月28日

出羽島の基本情報

 

出羽島は「でばじま」でなく 「てばじま」 とよむ。

温暖な出羽島は,寛政年間に牟岐から移住した人によって開かれたそうである。

住家は,北側の平地にある港の周囲に開けている。南側は断崖であり,人の住むスペースはない。

 

【アクセス】
船で  …牟岐港より,連絡船(大生丸おいけまる)で約15分

 

 【おすすめ】
・室戸阿南海岸国定公園内、昔の町並みが残る町。(ミセ作りと呼ばれる南部の漁村で独自のつくりがある)
・島内には車がほとんど無い。「ねこぐるま」という手押し車がここの運搬手段である。

・シラタマモ「天然記念物」 植物が海から陸に上陸する古い姿をとどめている。(西側の町並みを抜けた岩浜にある)

・高台に立つ灯台展望台からの眺めは必見。
・野口雨情の歌碑が港にある。

・北側海岸(防波堤の外)は,ドノセと呼ばれる丸い大石がごろごろしている海岸である。なかなか見どころである。

・台風による強風を避けるため,おおむね屋根は低く,防波堤より低くなっている。

 
【駐車場等】
連絡船乗り場にあり

  

【近くの施設】
・島内には日用品店は1軒あるだけである。宿泊できる施設はない。

 

【所在地】
牟岐町出羽

  

【お問い合わせ】
牟岐町役場 電話 0884-22-3290

 

【ホームページ】

四国の右下↑の出羽島の案内記事

http://www.pref.tokushima.jp/docs/2011021800034/files/08-09.pdf

 

連絡船のホームページ

http://www.mugitown.jp/renraku/renraku.html

地図

関連ワード

お問い合わせ

出羽島
電話:4112